親子で読書コーチング

2児の母でもある書店員ライターが、子どもの学力アップのための情報や家庭で『読書習慣』をつけるコツ、おすすめ本などをご紹介します。

読売KODOMO新聞のブックフェア「本屋さんのイチオシの100冊から」開催中です!

こんにちは!コロナがなかなか収束しないうえに、梅雨でさらに気分まで晴れない毎日ですよね。

外出自粛や雨で外出しづらい時は、おうちで読書を!ちょうど、お子さんたちにおすすめの本を紹介したフェアが開催されているのでご紹介しますね。

f:id:Hasemari:20210604121320j:plain

 

6/1からフェア開催!

読売KODOMO新聞」が主催しているブックフェア「本屋さんのイチオシの100冊から」が6月1日から始まっています。このフェアは全国の約170の書店で開催されていて、「読売KODOMO新聞」の中の人気コーナー「本屋さんのイチオシ」で今年の4月までの1年間に紹介された児童書から100冊を集めてフェア展開しています。開催期間や置いている本は各開催書店によって違うようなので、詳細は下記をご覧くださいね。

(ちなみに、私が勤務している書店では開催していません。残念ながら・・・)

 

フェアの詳細はこちらの読売新聞HPよりご確認ください↓

www.yomiuri.co.jp

 

100冊の一覧や参加書店などが掲載された保存版「読売KODOMO読書新聞」が上記のHPからダウンロードできます。「魔女の宅急便」などの人気作品の著者である角野栄子さんのインタビュー記事もあるので必見ですよ!

 

Myおすすめ本を紹介

100冊の一覧は、【小学校低学年向け】【小学校中学年向け】【小学校高学年向け】に分かれています。絵本、物語本、詩集、図鑑、知識本・・・とジャンルも幅広く、新旧の名作・話題の本などいろいろあるので、お子さんの好きそうな本や読み聞かせのための本を探している方、ぜひ参考にしてくださいね。

フェアの100冊の中から、私のおすすめも紹介させていただきます。

 

【小学校低学年向け】

おやくそくえほん はじめての「よのなかルールブック」

高濱正伸・監修 林ユミ・イラスト 日本図書センター

ベストセラー「よのなかルールブック」の入門編で、小学校入学前から親子で繰り返し読みたい1冊。なにかしてもらったら「ありがとう」という、ようじがあるならじぶんでいく、など、大切な「おやくそく」をわかりやすく伝えることができます。

 

エルマーの冒険

ルース・スタイルス・ガネット・作 福音館書店

累計763万部突破のロングセラー物語。りゅうの子どもを助けるために冒険にでた少年エルマーにハラハラドキドキ!想像力が広がる名作です。読み聞かせにも、子どもが自分で読む「はじめての1冊」にもぴったりの作品です。

 

 

 

【小学校中学年向け】

かあちゃん取扱説明書

いとうみく・著 童心社

「お母さん=すぐ怒る」というイメージをもっている子どもにぴったり!?「ある、ある」と言いながら読むこと間違いなしの面白いお話です。読書感想文にも。

 

 

こどもSDGs なぜSDGsが必要なのかがわかる本

秋山宏次郎・監修 バウンド・著 カンゼン

何かと注目されているSDGsエスディージーズ)について、こども向けに分かりやすく解説した本。大人もちゃんと説明できない内容を、親子で一緒に読んで勉強できます。学校の授業で取り上げられることも多いので、予習にも役立ちます。

 

【小学校高学年向け】 

なぜ僕らは働くのか 君が幸せになるために考えてほしい大切なこと

池上彰・監修 佳奈・著 学研プラス

小学校高学年や中高生向けに、「働く」とはどういうことかを教えるために作られた本ですが、就活生や大人もぜひ読んでおきたい超おすすめ本です。Amazonにも【読者満足度、驚異の97.5% いま絶対に読むべき本】と記載。ふと悩んだ時にも手に取りたい1冊です。

 

上記の本は過去記事でもご紹介しているので、ぜひチェックしてくださいね。 

dokusho-coach.com

 

図書館からの冒険

岡田淳・著 偕成社

私が大好きな「こそあどの森の物語」シリーズの著者、岡田淳さんの長編ファンタジーです。岡田淳さんは小学校の図工の先生として38年間務めた経歴を持ち、小学校を舞台にした物語をたくさん書いてらっしゃいます。他にも、この本に出てくる桜若葉小学校を舞台にした作品(「カメレオンのレオン」「夜の小学校で」など)があるので、気に入ったらそちらも読んでみてください。

 

岡田淳さんの本はこちらの過去記事でもご紹介しています↓

dokusho-coach.com

 

以上、私のおすすめ本を紹介させていただきましたが、気になった本はありますか?近くにフェアを開催している書店があれば、ぜひお子さんと一緒に行ってみてくださいね。もちろん、Amazon等でも本を購入できます!お子さんとのおうち時間を、たくさんの本と一緒に有意義にすごしてくださいね!