親子で読書コーチング

2児の母でもある書店員ライターが、子どもの学力アップのための情報や家庭で『読書習慣』をつけるコツ、おすすめ本などをご紹介します。

『2021本屋大賞』受賞作と書店の裏話

本好きの人にとっては大注目の『本屋大賞』。

2021年の受賞作品が4/14に決定しましたのでご紹介します! 

(受賞作についての書評はほかでも読めると思いますので、ここではおまけとして書店の裏側をご紹介します。)

f:id:Hasemari:20210416181704j:plain

 

本屋大賞について

本屋大賞』は全国の書店(古本屋ではなく新刊を扱う書店)で働く書店員さんの投票によって決定される賞です。過去一年間で書店員さん自身が読んで「面白かった」、「お客様にも薦めたい」、「自分の店で売りたい」と思った本を投票し、まずノミネート10作品が決定。その後の二次投票では、すべてのノミネート作品を読んだ上でベスト3を推薦理由とともに投票するというシステムです。

 

今年の『本屋大賞』では、一次投票には546人の書店員さん、二次投票では355人の書店員さんから投票があったそうです(ちなみに私は投票していません)。

 

芥川賞直木賞などほかの大きな文学賞は、大御所の作家さんが審査員をされている場合が多いですが、『本屋大賞』は本とお客さんを結ぶ立場にある書店員さんが選ぶ賞。出版業界を盛り上げるために、「売り場からベストセラーをつくる!」という思いで創設された賞でもあります。

 (『本屋大賞』についての詳細はこちらをご覧ください)

 

2021年の受賞作品

対象作品は、2019年12月1日〜2020年11月30日の間に刊行された日本の小説です。他に翻訳小説部門と発掘部門(ジャンルを問わず、2019年11月30日以前に刊行された作品)もあります。

 

ノミネート10作品は2021年1月21日に発表され、二次投票がスタート。2月28日に二次投票が締め切られ、4月14日に結果発表がありました。

以下、受賞作品名と著者、出版社をご紹介します。

 

大賞

『52ヘルツのクジラたち』

町田 そのこ・著 中央公論新社

(今日の時点でAmazonランキング1位になってます↓) 

52ヘルツのクジラたち

52ヘルツのクジラたち

 

 

2位 『お探し物は図書室まで』青山 美智子・著 ポプラ社

お探し物は図書室まで

お探し物は図書室まで

 

 

3位 『犬がいた季節』伊吹 有喜・著 双葉社

犬がいた季節

犬がいた季節

 

 

4位 『逆ソクラテス』伊坂 幸太郎・著 集英社

逆ソクラテス (集英社文芸単行本)

逆ソクラテス (集英社文芸単行本)

 

 

5位 『自転しながら公転する』 山本 文緒・著 新潮社

自転しながら公転する

自転しながら公転する

 

 

6位 『八月の銀の雪』伊与原 新・著 新潮社

八月の銀の雪

八月の銀の雪

 

 

7位 『滅びの前のシャングリラ』凪良 ゆう・著 中央公論新社

滅びの前のシャングリラ

滅びの前のシャングリラ

 

 

8位 『オルタネート』加藤シゲアキ・著 新潮社

オルタネート

オルタネート

 

 

9位 『推し、燃ゆ』宇佐見りん・著 河出書房新社

推し、燃ゆ

推し、燃ゆ

 

 

10位 『この本を盗む者は』深緑 野分・著 KADOKAWA

 

 以上、10作品です。気になる本はありましたか? 

書店での対応

私が勤めている書店では、ノミネート作品が発表されてから、文芸書の一角にノミネート作品を集めたコーナーが作られました。そして各出版社からは「本屋大賞ノミネート!」と新たに印刷した帯をつけた重版本が取次経由で続々と入荷。

本屋大賞』のサイトからポスターやPOPなどの拡材がダウンロードできるので、各書店さんも各自で拡材を用意して、目立つようにコーナーを作られているところが多いと思います。

 

結果発表の翌日は、文芸担当のスタッフさん(私は文芸担当でななく、実用書担当です)がたまたまお休みだったので、他のスタッフが結果をプリントアウトして、当店での現在の在庫をチェックして記入。お客さんから問い合わせがあったときに、すぐに答えられるよう用意していました。

 

結果発表をきっかけに、これらの本がたくさん売れるといいな~。 今日は私がお休みですが、また明日以降、『本屋大賞』受賞作品の売れ行きをチェックしようと思ってます!

 

皆さんも、「何か小説を読みたいな」と思ったときなどにぜひ参考にしてくださいね!

 

今日も当サイトをお読みいただき、ありがとうございます!