親子で読書コーチング

子どもの学力アップのために家庭で『読書習慣』をつけるコツや、親子で『本好き』になれる情報などをお届けします。

池上彰さん監修/“働く”を子どもに伝えたい時に

最近、「キャリア教育」という言葉が気になっています。

「キャリア教育って何?」と気になる親御さん、「働くってどういうこと?」と疑問に思うお子さんたちに、ぜひ読んでほしい本もご紹介します。

キャリア教育って?

先日、仲のよいママ友から、「キャリア教育に関するアンケートに協力して」と言われ、アンケートの回答だけでなく、関連するワークショップ(オンライン)にも参加する機会がありました。

 

最初は「キャリア教育って何!?」と思ったんですが、「子どもの進学や就職など、進路に関することを学ぶことなんだろうな~」と興味があり、軽い気持ちで参加。いろいろと学ぶことや、普段あまり意識していなかったことを考えるきっかけにもなりました。

 

キャリア教育とは、定義としては、

一人一人の社会的・職業的自立に向け,必要な基盤となる能力や態度を育てることを通して,キャリア発達を促す教育
中央教育審議会「今後の学校におけるキャリア教育・職業教育の在り方について(答申)」(平成 23 年1月 31 日))

だそうです。(文科省のHPより)

 

今、子どもたちをめぐる環境の中で多くの課題があり、「キャリア教育」の必要性が唱えられているとか。

 

確かに、親世代が子どもの頃には、学校でこのような授業や取り組みはあまりなかったように思います。でも、今は小中学校でもいろいろな取り組みがあり、家庭でも意識の高い親御さんは子どもに職業体験をさせたり、進路に関する情報を集めたりと熱心ですよね。

 

小中学校での取り組み

一例として、息子たちの学校での取り組みをご紹介します(私が把握している内容のみなので、他にもあると思いますが)。

 

・小学校

高学年で職業体験施設「キッザニア」で体験学習(体験前後に「仕事」や「働く」ということについて学ぶ)

※「キッザニア」についてはこちらをご覧ください。

 

・中学校

「キャリア教育 仕事をしよう!」(1年)・・・様々な分野の社会人が“出前授業”として中学校で講演

トライやる・ウィーク」(2年)・・・兵庫県下の中学2年生を対象に行われている職業体験、福祉体験、地域活動などの体験活動

※「トライやる・ウィーク」についてはこちらをご覧ください。


f:id:Hasemari:20210321175838j:image
中学校の図書室にも、仕事に関する本がたくさん並んでいます。

 

親子で必読の一冊

「キャリア教育」というとちょっと難しそうな感じがしますが、ようは「将来、どんなことを学んで、どんな仕事をしたいか、どんな人生を送りたいか」ということを考え、学ぶこと。

 

「大きくなったら何になりたい?」という会話は親子の間でもよくすると思いますが、「働くってどういうこと?」といった、ちょっと踏み込んだ話をするときや、子ども自身が興味を持ったとき、子どもに考えてほしいときなどは、なかなかうまく説明するのは難しいですよね。そんなときに役立ててほしい本があります。

 

それは、

「なぜ僕らは働くのか

君が幸せになるために考えてほしい大切なこと 」

監修:池上彰 学研プラス

 

わかりやすいニュース解説でおなじみの池上彰さんの監修です。中高生向けに書かれていますが、各章のはじめに導入のマンガがあるので、小学校高学年くらいから読めると思います。(マンガでは主人公の男の子が書店に職業体験に行きます)

 

仕事に対するイメージやどんな仕事がしたいか、なぜ働くのかなど、子どもの興味や疑問に答えつつ、大人も改めて自分の仕事や働くということを考えるきっかけにもなります。

イラスト満載で、仕事に関することだけでなく社会のしくみについても書かれているので、大人も勉強になりますよ。

 

巻末には、子ども向けと大人向けの「おすすめキャリア本」を紹介したページもあります。

 

子どもが進路に悩んだとき、疑問に思ったときなどにすぐ手に取れるように。“一家に一冊 ”みたいな感じでそばに置いておいてほしい、おすすめの一冊です。ぜひ親子で読んでみてくださいね。

 

この本の詳細はこちらをご覧ください↓

Amazonでもベストセラー1位になっています)