親子で読書コーチング

子どもの学力アップのために家庭で『読書習慣』をつけるコツや、親子で『本好き』になれる情報などをお届けします。

図書カードをお祝いに!限定カードも発売中!

 入試もそろそろ終盤ですね。「進学先が決まったよ!」という皆さん、おめでとうございます!!

また、親戚のお子さんやお友だちに合格祝いや入学祝いを用意しなくては、という方も多いのでは?今回は、そんな方に“図書カード”のご提案です。


f:id:Hasemari:20210310200834j:image

2/16~限定販売の「ドラえもん図書カードNEXT」(完売の場合もあります)

 

 

迷ったら図書カードを

“図書カード”といえば、たいていの方がどういうものかご存じだと思いますが、書店員として働いていると、たまに図書カードをよくご存じない方(年配の方が多いです)から質問を受けます。

 

「お釣りはもらえるの?」

という質問が多いのですが、今販売されている図書カードは残額がカードに残るシステムなので、現金としてお釣りをお出しすることはできません。

 

ちなみに、ずっと以前に販売されていた“図書券”は金額以下の本を購入すると、現金でお釣りをお出しします。

 

最近はめったにこの図書券を目にすることもなくなりましたが、これもたまに、

「これ、使えるかな?」と遠慮がちにレジで出されるお客様がいらっしゃいます。

 

もちろん、まだ使えます!おうちのタンス(!?)の奥に眠っている図書券があれば、ぜひ使ってくださいね。

 

 

また、書店で、お孫さんへのプレゼントに本を探している方の接客をよくするのですが、どんな本を贈りたいか、相手がどんな本を持っているかや好みなどがわからない場合は、私は図書カードをおすすめしています。

 

せっかくプレゼントした本が、すでに持っている本とかぶってしまったり、まったく好みでない本だったりすると、贈る方ももらう方もがっかりですよね。でも、図書カードならそんな心配はなし。おじいちゃん、おばあちゃんからのプレゼントのリクエストにも、図書カードはおすすめです。

 

カードの残高確認法

今、販売されている『図書カードNEXT』には、有効期限があるってご存じですか?カードの裏に記載されているので、図書カードをお持ちだったら、見てみてくださいね。つい先日買ったもので有効期限は2034年なので、そんなに焦って使わなくも大丈夫ですが。

 

また、図書カードの残高って、わからなくなりますよね。以前販売されていた図書カードは使用すると穴が開くタイプだったので、だいたいどのくらい残っているかわかりましたが、今のカードはわかりにくいですよね。

 

そんな時は、カードの裏のQRコードスマホで読み取って、「残高確認」のページをチェックしてください。カードに記載されているID番号とPIN番号を打ち込むと、残高だけでなく、いつ、どこのお店でいくら使ったかも表示されますよ。

 

書店でも確認してもらえるので、買い物前でも「このカード、いくら残ってますか?」とレジで聞いてみてくださいね。

 

 金額もデザインもいろいろ

 図書カードのデザインは、現在10種類。

ピーターラビットシリーズ、西洋絵画シリーズ、松尾たいこシリーズ)

金額は、500円、1000円、2000円、3000円、5000円、10000円の6タイプです。

 

今は時期的に、入学祝いや進学祝い、ちょっとしたお礼などにも、図書カードはぴったりです。

 

書店ではもちろん、オンライン書店でも使えますし、ネットギフトとしてスマホで電子版の「図書カードネットギフト」を贈ることもできます。

(図書カードの詳細についてはこちらを見てくださいね。)

  

限定デザインも発売中

定番デザインのほか、時々、限定デザインも発売されます。

 

今は、なんと、ドラえもんの図書カードが発売されています!!

デザインは2種類あって、どちらもとってもかわいいです!ドラえもんファンじゃなくてもほしくなりますよね~

(2021年2月16日~数量限定発売。すでに売り切れている場合や取り扱いのない書店もあるのでご注意ください。ドラえもんの図書カードについてはこちらをご覧ください)


f:id:Hasemari:20210310200920j:image

 2デザインあります。2枚いっしょに贈る場合はこんな感じ。


f:id:Hasemari:20210310200944j:image

1種類ずつ 台紙にセットした状態です。


f:id:Hasemari:20210310201012j:image

 オリジナルの外装は、中もドラえもんがいっぱい!

限定販売なので、売り切れている場合もありますが、 気になったら書店で聞いてみてくださいね。